若年性更年期 防ぐ

若い女性にも気を付けて欲しい生活習慣

閉経前後で急激に女性ホルモンが減っていくと言われていますが、現代では、若い女性にも若年性更年期のような症状が増えていると言われています。これは、日々のストレス、無理なダイエット、バランスの悪い食生活が生み出した弊害だと言われています。

女性ホルモンがバランスよく保たれると、美肌効果だけでなく、女性らしいスタイルの維持にも効果が発揮されます。今から、自分の生活を改善して、バランスのとれた女性ホルモンの分泌で、素敵な女性を目指しましょう。

基本的な生活習慣を改善するのが一番の早道です。特に、女性ホルモンのバランスは、冷えによって崩れやすいと言われています。以前は冬場だけ気にしていればよかった冷えも、今では冷房の関係から、夏場でも気をつける必要があります。飲み物にショウガを入れることや、カイロを使って体を温めたりするなどの冷え防止に努める必要がありそうです。

次は睡眠のことです。寝不足の人も多いといわれていますが、たとえ短時間であっても熟睡して、しっかりと休養を取りましょう。そのためには、寝る時間と、寝るための導入に気を付ける必要があります。基本的には、夜中の12時よりも前に寝る習慣をつけましょう。夜更かしは、肌に悪いだけでなく、ホルモン分泌の状態も悪くなります。また、寝る前には、少しずつ部屋の明かりを消して暗くし、リラックスしましょう。熟睡するためには、準備が必要だからです。

朝、目覚めたら、まずは太陽の光を浴びて、ゆっくりと伸びをしながら、自律神経を起こしていきましょう。深い呼吸は自律神経を整えるため、ホルモンバランスも良くなってきます。

最後に、女性ホルモンにとっての天敵は、ストレスです。まったくストレスをなくすことはできなくても、深く考えすぎず、入浴等でリラックスする時間を持つようにしましょう。

ちょっとしたことで、女性ホルモンは、ぐんと高まります。

【⇒美皇潤公式HP

 

サイトマップ