女性ホルモン 活発にするには

女性ホルモンの分泌を活発にするには

美肌、美魔女などこの頃の女性は美しさという事にとても敏感であり
中でも女性ホルモンに対する意識はとても高いと言われています。

ただ、この女性ホルモンも30代のピークを迎えた後は減少し
40代の後半からは急激に減ってしまう事で知られています。

いつまでも女性らしく綺麗な自分でありたいと思っても
女性ホルモンが少なくなればそれも叶わぬ夢です。


今回はいかに女性ホルモンの分泌量低下を防ぎいかに分泌を促すかについてまとめています。



【 年齢の他にもある女性ホルモンの分泌量の低下理由とは? 】

冒頭に年齢により女性ホルモンが低下してしまうとありますが
実は日々の生活習慣にもこのホルモン低下の原因はあるんです。

例えばダイエットがそうですが食事制限をすれば当然に必要な栄養素も不足しがちになり
そうした事が続けば身体の冷えに繋がってきます。

理由は全身の血流がとても悪くなるからで身体の新陳代謝も悪くなり
その結果として肌のハリや髪の毛、手の爪に至るまで様々な所に影響する状態を作り出します。


そして夜遅くまで起きてる夜型の方も女性ホルモンは低下していき睡眠不足も重なり
加速される要因となっているようです。

簡潔に言えば普段の生活が不規則な方は自ら女性ホルモンの分泌を低下させているのです。


ではどのようにして女性ホルモンを増やしていけばよいのでしょう?


【 女性ホルモンの分泌を増やす食材とは? 】


やはり普段の食事は女性ホルモンの分泌を促すとしては有効で
積極的に食事のメニューに取り入れていきたいですよね。

そこでおすすめの食材について見てみましょう。


まず有名どころですが豆類です。

納豆に豆腐・黒豆に枝豆といった豆にはイソフラボンが多く含まれていて
女性ホルモンであるエストロゲンと同様な働きがあると言われています。

豆類は美容やダイエットといった事も期待出来るのでおすすめの食材です。


次にエストロゲンの分泌を促す効果の食材としておすすめが
キャベツにりんご、葡萄やレーズンといったものはボロンという成分が含まれており
女性ホルモンを促す食材として有効です。

しかし、ボロンは熱に弱いという性質があるのでキャベツなどはサラダとして食べる事が望ましいと言えます。


そしてちょっと小腹が空いた時にとても良いのがバナナです。

バナナにはビタミンB6が含まれていてエストロゲンの代謝に有効で
おやつなどをバナナに変えるだけでもかなり違ってきます。


では、その他で気をつけていきたい所も見てみましょう。

【 女性らしさが女性ホルモンを生み出す 】


女性らしさとは何かと聞かれるとちょっと迷ったり考えたりしてしまいがちですが
太古から女性は香りを楽しむ事で知られています。

今でいうとアロマテラピーはとても女性らしさをサポートする上で有効な手段だと言えます。

良い香りは気分を落ち着かせて身体の代謝も活発にしてくれます。

その結果美容にも良いですし肝心の女性ホルモンの分泌に非常に有効と言えます。

綺麗な女性が香りにこだわるのもこんな理由があっての事かもしれませんね。


そしてもっとも有効的な事はときめく心を持つという事です。

女性が女性らしくある為にはときめく心が最も有効となり恋をする事などを含め
自分でときめきを感じる事が一番エストロゲンの減少を防ぐ事になります。



【最後に・・・】

女性らしさと綺麗さを生み出すエストロゲンは一生の中で
ティースプーン1杯分しか分泌されないと言われています。

そんな貴重な女性ホルモンの元となるものですから
不規則な生活であったり過度のストレスや過度のダイエットなど
怒りがその根底にあるような行動は女性ホルモンを低下させてしまうようです。


香りを楽しんだり、入浴を楽しんだり、何かにときめく事を見つけたりする事で
わずかなエストロゲンの分泌を促し、そして減少も防ぐという事になっていくようです。

 

サイトマップ